板橋区の生い立ち

 武蔵野台地北東端に位置する板橋区域に人類が住むようになったのは、約3万年前と考えられている。その後も人類の生活が 連綿と営まれ、縄文時代、弥生時代から奈良時代・平安の遺跡が台地の縁にそって広く分布している。このうち四葉や根ノ上遺跡では周囲に防禦用の壕を巡らし た弥生時代の環壕集落が発見され、ムラが形成されたことが分かる。古墳時代になると志村や赤塚地区に古墳(小円墳)が造られた。

 7世紀現在の東京都と埼玉県、神奈川県の一部を含む地域は武蔵国となり、板橋区一帯は豊島郡となった。やがて平安時代中期(11世紀頃)になると豊島氏 が豊島郡に進出し、現在の北区豊島を本拠とし石神井川流域に勢力を伸ばしていった。鎌倉時代になると豊島氏は、幕府の有力御家人として活躍した。現在の赤塚、成増、徳丸を含む一帯は赤塚郷と呼ばれ建武新政の頃足利直義の所領であったが、後に京都嵯峨の鹿王院領となった。15世紀中頃下総国(現在の千葉県) の守護千葉氏の一族自胤が赤塚城に入城し、赤塚郷の支配をした。またこの頃豊島郡の領主であった豊島氏は、太田道灌に攻められて滅ぼされている。その後北条氏が進出してくると、千葉氏や板橋氏はそれに従っている。

 江戸時代板橋区域は、天領と旗本の知行地、寺院領の混じった複雑な支配関係にあった。板橋宿は中山道の宿場として大名の通行や物資の流通により賑わった が、それ以外には純農村地帯で、台地上は麦雑穀類や大根、人参などの野菜類が栽培され、江戸に供給されていた。吉宗の時に志村地域が将軍の鷹場に指定さ れ、何度か吉宗が訪れている。天保12年、長崎の町年寄高島秋帆は徳丸ヶ原(現在の高島平一帯)で日本最初の洋式による砲術調練を行っている。

 明治4年廃藩置県により板橋区域は東京府豊島郡となり、さらに明治11年には北豊島郡が成立して下板橋宿に郡役所が置かれた。明治22年18宿村は統合 され、板橋町と赤塚・上板橋・志村の一町三ヵ村となった。東京市は、明治末年頃から府下へ膨張を続けていき、板橋地域の人口も、大正9年から14年の僅か5年間で6割増となった。そのため行政区画の再編として昭和7年10月市郡併合が行われた。この時現練馬区を含む地域の町や村が合併して東京府板橋区が誕生した。

 大正から昭和のはじめにかけて都市化がすすむなかで新しい街づくりがおこなわれた。渋沢栄一が提唱した田園都市構想を取り入れ、東武鉄道が昭和11年に開発、分譲した常盤台の住宅地。もう一つは、関東大震災後の帝都復興計画の一環として、志村地区が甲種特別地区に指定されると、危険物取扱工場や化学工場などの転入により形成された工場街である。特に志村地区の工場は、日中戦争から第2次世界大戦の間、加賀下屋敷跡にあった東京第二陸軍造兵厰板橋製造所とともに軍需産業の一翼を担った。

 昭和22年5月東京都の改編が行われ35区から22区に整理された。同年8月には練馬区が板橋区から分離独立し23区となった。戦後数次による区画整理 や道路の改修新設により風景が変化していった。板橋・志村地区は関東大震災前後に宅地化や工場が増加したものの、まだ上板橋、赤塚両地区には、農村時代の面影が残されていた。けれども昭和30年には上板橋地区で、高度経済成長期の昭和40年代以降には赤塚地区で宅地化が始まり、高島平団地が完成したのもこの頃であった。その後も人口の流入は続き、昭和60年にはじめて50万人を突破した。

文化財シリーズ第82集
いたばしの史跡探訪
■編集 板橋区教育委員会社会教育課
■発行 板橋区教育委員会
■発行日 1996(平成 8 )年3月 より抜粋