板橋地区

 板橋地区は、明治22年の町村制で板橋宿、金井窪村、中丸村、池袋・滝野川の一部が合併して成立した地域。その中心板橋宿は江戸時代賑わっていたが、明治16年に上野・熊谷間の鉄道開通による貨客の減少と明治17年の大火で宿場としての機能を失った。しかし明治11年に北豊島郡役所が下板橋宿平尾に置かれ、周辺地域の行政上の中心地としての機能を果たしていくことになる。その後、東京市の膨張により、都心に通勤する人のベッドタウンとして宅地化が進んだ。大正8年にはじまった乗合自動車(現在のバス)や養和4年に巣鴨・下板橋間で市電の営業が開始したこともそれを推し進めることになった。戦後も板橋は住宅地として街が形成された。

 古道
名称 区内の推定経路
板橋間道 中山道(中宿64)~宗仙寺・子易神社~豊島区~大塚辻町(現文京区)
椎名町道
(鎌倉道)
中山道(中宿55)~氷川神社~板橋三中~豊島病院前~専称院前~大山西町~幸町~長崎村(現豊島区長崎)
御成道 中山道(中宿55)~文殊院前~上十条 将軍のお成りに因む
小松屋横町道 中山道(中宿60)~板橋第一小学校前~東京都養育院敷地内~大山町47~川越街道
子易道 川越街道(大山東町21)~子易神社脇~板橋間道
王子新道 中山道(中宿39)~王子
花月道 下板橋駅前~中山道
練馬道
(富士見街道)
盤台~若木~練馬区北町
根村道 中山道(本町31)~国道17号線~日曜時脇~環状七号線~宮元町~国道17号線~中山道(清水町46)

文化財シリーズ第82集 いたばしの史跡探訪
■編集 板橋区教育委員会社会教育課
■発行 板橋区教育委員会
■発行日 1996(平成 8 )年3月 より抜粋